スペシャル

レコーディングレポート 徳井青空さん(マヤ)

―――新作エピソードの公開日が決まったときの気持ちを教えてください。

徳井:もう本当に楽しみで!(TVアニメの)1期と2期があって、それから『ごちうさ』は曲が出たり、ラジオをやったりライブしたりといろんな活動があったんですけど、お父さんもおじいちゃん(ティッピー)も、みーんな揃ってまた一緒に出られるというのが、すごく嬉しいなと思っていて。『ごちうさ』の世界の続きが見たいと思っていた人はいっぱいいると思うんですけど、私もその一人なので、ワクワクしてます!

―――制作発表からかなり時間は経ちましたが、その分期待も膨らんで?

徳井:そうですね。どんなお話になるのかなって想像を膨らませる時間がありましたからね。私はチマメ隊として、ライブやラジオで盛り上げていたので、あっという間ではあったんですけど、みんなの楽しみな気持ちが非常に高まっているなと感じてました(笑)。

―――そして、新たなキャラソンシリーズが始まります。

徳井:『ごちうさ』の歌は本当にかわいい歌が多くて。歌詞もかわいいんですけど、曲も『ごちうさ』の世界にピッタリな、あの街並みが想像できるような曲がたくさんあるので、そんな曲たちがまた増えるのは、すごく嬉しいです。特にチマメは、ライブもしていて、お客さんと一緒に盛り上がる楽しさも知ったので、また歌を録ったらみんなの前で歌う機会があるのかな?ってワクワクしました。

―――今回は千夜・マヤ・メグによる“新・千マメ隊”の楽曲もありますが、千夜や佐藤聡美さんに対する印象は?

徳井:佐藤さんの雰囲気と千夜さんの雰囲気って近くて、ふんわりと柔らかく、みんなを包み込んでくれるような、すごく優しい空気を持っている方なんです。だからマヤもメグも、千夜さんに思い切って甘えられるような関係性なんじゃないかなって思ってます。小っちゃくてわちゃわちゃしたマヤメグと、ゆったり落ち着いた千夜さんのユニットって結構珍しいと思うので、それがどんな化学反応を起こすのか、とても楽しみですよね。

―――千マメ隊による「FANCY SWEET TIME」の印象は?

徳井:やっぱり千夜さんとの曲なので、お茶が歌詞に入っていたり、和っぽいところはありましたね。今日のレコーディングで千夜さんの歌声を聴いたんですけど、本当に優しくて柔らかくて、ずっと聴いてたいなって思っちゃいました。メグはどういう風に歌うのか想像ができるというか、「きっとこんな感じだろうな」ってイメージがしやすいんですけど、千夜さんの歌声はキャラソンで聴いたことがあるくらいだったので、自分と一緒にってなると想像がつかない部分もあったんです。でも、私たちが千夜さんに寄っているわけでもなく、千夜さんが私たちに寄ってくれたわけでもない。本当に3人で新しく歌うっていう感じになったと思います。

―――今日歌っていて、特に楽しかったフレーズを教えてください。

徳井:曲の頭や間奏の終わりに〈抹茶 抹茶々々 おも茶々 ずん茶々々〉って入っていて、それがリズミカルでかわいくって! 3人がチャチャッて手を叩いてクラップしてるような様子が想像できて、すごく楽しかったです。

―――そこがかわいいですよね。逆に難しかった部分はありますか?

徳井:いや、難しいところはあまりなかったです。全員曲では千夜さんと一緒に歌うことはあったけど、3人で歌詞割りがされていたのは初めてだったので、千夜さんとのバランスも考えて歌ったほうがいいのかな?と思ったんです。でも、マヤ・メグだったらきっといつも通りはっちゃけて歌っちゃうかもなと思って、いつも通りに歌いました(笑)。

―――チマメ隊の「♡♡ケーキをもうひとつ?」についても教えてください。

徳井:「FANCY SWEET TIME」とは全然違う曲で。資料をもらったとき「てくてくマーチングマーチ」に続く難解な曲がきたな!と、レコーディングまでちょっとドキドキしていたんですけど(笑)。アニメのキャラクターソングではあまりないようなリズム感とかビックバンド感…そして最後のフィナーレ感。大階段からみんなが降りてくるみたいな(笑)、そういう劇場な感じが出ていて面白い曲でした。これは確かに『ごちうさ』にしかできない曲だなって。

―――実際に歌ってみていかがでしたか?

徳井:最初は難しいかもと思っていたんですけど、意外とすんなりと行ったので良かったなと。3人の会話みたいな掛け合いがいっぱいあるので、3人のわちゃわちゃ感を大事にしながら、かつ大劇場のフィナーレで、もう花吹雪が舞っているみたいな(笑)、そんなイメージで歌いました。



―――そして、Petit Rabbit's with beansで歌う主題歌を収録したシングルも11/11に発売されます。「セカイがカフェになっちゃった!」のおすすめポイントは?

徳井:またこうやって、新たに高校生組のみんなと一緒に歌えたんですけど、みんなの歌声が本当に大好きなので、自分たちがその歌声に混ざれたことがとっても嬉しいんです。メロディが今までの1期2期のOPにちょっと近いような、『ごちうさ』らしい雰囲気があって、それがすごくかわいかったです。新作エピソードもみんなが大集合するお話で、まさにピッタリだと思うので、早く皆さんに聴いてほしいです。

<試聴>


FANCY SWEET TIME


list page